車を売る時に必需品の一つが、自動車検査証でしょう。しかし、

車を購入する友人たちに聞くと、古い車はほぼ100%下取りに出しているようです。

でも、ちょっともったいないと思いませんか。下取りはラクだけど値段は言い値で、買取のほうが高くなるかもしれないですよ。
ディーラーとの付き合いもあるかもしれませんが、車種、中古車としての状態などによっても買取と下取り価格には大きな開きがあると思います。


僕は前に安く下取りに出して悔しい思いをしたので、今回は下取りと買取で競合させてみました。すると買取業者のほうが高かったのです。

あの下取り価格を提示したディーラーさん、ある意味ツワモノだと思いました。


2つの業者のうち片方は現金買取りと言うのも魅力でした。現金を持ってディーラーに行き、下取りなしで車を購入。月々のローンを軽減することができました。ほんの1週間の時差で得するなら、そちらの方がいいですよね。

車を買い換える際、ディーラーに下取りを頼むと次の車が届くまでは古い車に乗り続けることができます。しかしながら古いほうの車を買取業者に買い取ってもらう場合は、日数があくこともあるわけです。どうしても車が必要であれば、あらかじめ査定を依頼する前にまず代車が必要である旨を伝えておきます。業者によっては代車がないこともありますから、しっかり確認しておかなければ後でとんだ出費を強いられます。

車は一括の出張査定を利用しても、基本的にはどこの業者も無料で行っていますが、稀にお金がかかる場合があります。その際は査定料金としてではなく、出張料金として請求される可能性があります。



料金を請求するところが悪い買取業者という訳ではありませんが、無駄なお金を払わないためにも、出来れば無料査定のところを利用されてください。
年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。



しかし、あくまでも目安ですから、旧型の自動車の場合には大抵の場合年間走行距離数はもうちょっと短いのが通常の考え方です。

車売却の際にはあまり走っていない車の方がプラスの査定結果が出ます。



走行距離が少ない方が良いのですが、車の機械の一種ですから定期的に乗らないと却って不調になることが多いのです。
その車の年式に対し走行距離数があまりにも短い場合には、査定額アップの幅は少なくなってしまうのが実情です。

一般的に、買取専門店などに車を売った際に査定書は出してもらえず、査定書を望んでも発行してもらえない場合が多いのが現状です。

自己破産や遺産相続に関して資産証明が必要になることがありますが、このような場面で査定額が分かる証明書が必要になった際には、通称JAAI、正式名称は日本自動車査定協会へ車の査定をお願いしなければいけません。自動車査定協会の支店は国内に50ヶ所以上存在していて、無料で査定してくれるわけではありません。それから、事前に査定の申し込みが必要です。


買取市場で高い価値が見込まれる車といえばなんといっても軽自動車です。

「安さ優先で、日常の足となる車が欲しいというお客様に売れる」「代車としての用途もあるので利便性が高い」と中古車屋さんでも言われているようです。最近は、軽自動車といっても車体の大きいものが増えてきたので、ファミリー層に意外とウケているようです。
軽自動車は普通車と比べて燃費や税額でも有利であり、飛ぶように売れるので、その分、買取額も高額になるということでしょう。


車を売却するときに、車検切れでどうするべきか迷うことがあります。車を少しでも高く売るにはとりあえず、車検に出すべきではないか?と考える人もいるかもしれません。

しかし、それは間違いです。もし車検に出したとしても、それに、見合う買い取り額、査定額の上乗せは期待できないのです。車検が切れた状態で査定に出した方が全体でみてお得なのです。中古車を売ろうと考えるときに車の査定を高くするコツがあります。

まず、車を売ろうと考えたら、とにかく早めに車の査定を受けることです。

車は新しいほど高価格で売ることが可能です。


また、業者に査定を頼む前に車を出来る限りでいいので、掃除しておきましょう。

車外のみではなく、車内も念入りに掃除して、消臭を済ませておくのも重要な秘訣なのです。
ちょっとでも安価に買い取り、ちょっとでも高価に売るのが車買い取り店舗の査定士の仕事と言えます。

査定士や営業マンの話す内容をまるっきり信用してしまうのも考え物で、買取相場よりもずっと低く売る羽目になる場合もあり得ます。

売却の前に自分の車の査定相場がどのくらいの金額になるかを下調べしておいて、相場価格よりも安く提案された際に自分から交渉する心構えをしておくと従業員の売り文句に一矢報いることが出来るかもしれません。


普段乗っていた自動車を買取業者に渡した後、次に使う車が手に入るまでの間、期間が開くこともあると思います。買取業者のうち、代車の利用ができるところも増えています。

早めに話しておくとスムーズに代車を借りることができるでしょう。
または、新しい車のディーラーで代車を借りることができる場合もあるのでディーラーにも事情を話してみてください。

車を購入する友人たちに聞くと、古い車はほぼ100%下取りに出して